プロテインの種類と選び方

スポンサーリンク

今回は筋トレに興味がある方なら気になるかと思うプロテインの種類と、その特徴を考えたうえでの選び方について書いていきたいと思います。

今回はとりあえず大まかな種類分けのものなので、どちらかといえば基本的な内容になりますが、興味のある方は参考にしてみてください!

では早速いきます!

【プロテインの種類】

プロテインの種類は大きく分けると以下の3つです。

  • ホエイプロテイン
  • ソイプロテイン
  • カゼインプロテイン

それぞれ特徴があるので、それぞれ説明していきます!

【ホエイプロテイン】

まずホエイプロテインからです。

ちなみに「ホエイ」というのは乳清というもののことです。

「…いや乳清って言われても、なんだかわかんないわ」って感じですよね。笑(僕も最初わかりませんでした笑)

乳清というのはヨーグルトの上澄みの液体のことです。

で、プロテインはご存知かと思いますが「タンパク質」のことですね!

つまりこの上澄み液の中に含まれるタンパク質が、「ホエイプロテイン」ということです。

ホエイプロテインの最大の特徴は、消化吸収が早いということです。

消化吸収が早いということは、それだけ早くタンパク質を体に取り入れられるということです。

筋トレの効率を上げるためには、トレーニング後できるだけ早くタンパク質を取り入れることが効果的とされているので、このホエイプロテインはスポーツなどをやっていて筋肉をどんどんつけていきたいという方におすすめのものになります。

ようは、少なくとも陸上のようなスポーツをやっていくうえでは、このタイプがおすすめだと言えます。

またホエイプロテインにはアミノ酸が多く含まれていて、これには筋肉の修復を早める効果があります。

なので筋トレの効率を上げつつ、筋肉の回復が早める効果が期待できます。

ちなみにこのホエイプロテインはさらに4種類に分けることができ、

【WPC製法】

ビタミン、ミネラルを多く含むが、乳糖を比較的多く含むため牛乳を飲むとお腹が緩くなる方には厳しいかも…

ちなみに価格は一番安いタイプだと思います。

【WPI製法】

上のWPC製法から、タンパク質以外のものをさらに取り除いたもので、乳糖に関してもかなり少なくなっているため、牛乳を飲んでお腹が緩くなる方はこちらの方がおすすめ

またタンパク質の割合も上昇しているため、タンパク質以外のものをできるだけ取りたくないというような場合にも良いかも。(ただWPC製法のものより高いものが多いですし、ビタミン、ミネラルも取り除かれてしまいます

【CFM製法】

上の2種類のプロテインのメリットの部分を集めたような感じのものです。

つまりタンパク質の割合が高く、乳糖は含まれず、有効な成分は残すといった夢のようなタイプです!

ただ良いことばかりならこれだけで良くなるので、このタイプのデメリットもあり…お察しの通り高いです笑

【WPh製法】

このタイプはホエイプロテインの中でも特に吸収が早く、またタンパク質の割合がかなり高いものが多いのが特徴です。(値段も最初の2つに比べると高い場合が多いです)

…ちなみに味はマズイものが多いそうです。笑

と、4種類の特徴はこんな感じです。

ちなみに4種類紹介してきた中で、自分の周りで使っている人が多く、自分もこれで良いと思っているのは最初に紹介した、最も安いWPC製法のものです。

牛乳を飲むとお腹が緩くなってしまう方や、特にこだわりがある方でなければおすすめできますし、まずはこれで十分だと思います。

少し長くなったのでまとめると、ホエイプロテインの特徴は

  • メリット…吸収が早く筋トレに向いている
  • デメリット…少し値段が高く、ものによってはお腹が緩くなるかも

といった感じです!

…正直このブログの基本的なテーマは陸上なので、先にも書いた通り陸上をやっていくうえではこのタイプがおすすめですし、これだけ紹介すれば良いような気もしますが、一応ほかのタイプも紹介してみますね!笑

【ソイプロテイン】

ソイプロテインは名前から何となく想像がつくかもしれませんが、「ソイ」なのでこちらは大豆のタンパク質ですね。

ちなみに価格はホエイプロテインと比べ、安いものが多いです。

特徴はホエイプロテインと異なり、消化吸収が遅いことです。

なので筋トレといったような目的には向かないかもしれませんが、消化吸収が遅いということは言い換えれば腹持ちが良いということなので、ダイエットなどに向いているものといえます!

そのほかの特徴も、植物性なので比較的低カロリー、女性ホルモンと似たような効果があるとされるイソフラボンが入っているため美容などの効果も期待できる、など女性にうれしい効果が多いです。

なのでダイエットや美容目的で使うという方は、こちらがおすすめです

一応注意点を挙げておくと、味に少し癖があったり、水などに溶かす時に溶けにくいという特徴もあるようなので、気になる方は注意した方が良いかもしれません。

【カゼインプロテイン】

カゼインプロテインもホエイプロテインと同じく牛乳からできているプロテインですが、特徴はかなり異なります。

その特徴は、消化吸収がゆっくりだということです。

なのでソイプロテインと同じように、すぐに体にタンパク質を取り込めない一方、腹持ちが良いというメリットがあります。

また徐々に体に吸収されていくということは、逆に言えば効果が持続するということなので、即効性のあるホエイプロテインと組み合わせて使っている方もいるようです。

注意点としては、こちらも牛乳からできているためほとんどのものには乳糖が含まれています。なので牛乳を飲むとお腹が緩くなる方は、こちらを使う場合も注意が必要です!

まとめ!

どうだったでしょうか!

今回はプロテインの種類と選び方についてまとめてみました。

小さいころからプロテインを取り続けるのはあまり良くないかもしれませんが、ある程度体ができてからであれば筋トレの効果を高めるのに有効なものだと思うので、興味がある方は自分の目的に合ったものを選ぶ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

フォローする