ランニングシューズの種類について

スポンサーリンク

今回は短距離からマラソンまで、陸上をやっていくうえで重要になってくる、ランニングシューズの選び方について書いていきたいと思います。

ランニングシューズは自分にあったものを選ぶことで、けがを防いだり、タイムが良くなったりします。

なので靴選びの際には、少し参考にしてみてください!

【ランニングシューズの種類】

まず、ランニングシューズには大きく分けて以下の3つがあります。

  1. レース系
  2. クッション系
  3. トレーニング系

大体特徴は名前から想像がつくかと思いますが、1つずつ説明していきます!

1、レース系

まず1のレース系ですがこれはもちろんレース用のシューズになります。

特徴としては、とにかく軽いことでしょう。

特に初めてだと、手に持った時「うわ軽っ!」てなると思います。笑

「レース用だし、軽いならそれでいいじゃん!」と思うかもしれませんが、そうでもないんです。

もちろんシューズは軽い方が良いとは思いますが、このタイプのシューズは軽くするためにクッション性をかなり犠牲にしています

なので、ほかの2タイプと比べると衝撃の吸収性がかなり低いです。

つまり足に衝撃が伝わりやすく、特に走りなれていない人が使うとけがをしやすいということですね。

もちろん先に書いた通り軽いメリットは大きく、特にマラソンなどをする場合軽い方が楽ですし、タイムを上げることにつながるので、使いこなす力があればおすすめのタイプのシューズです。

要はどちらかといえば上級者向けのタイプで、始めたばかりの方にはあまりおすすめしないタイプという感じです。

またクッション性が低いので、走りなれている方でも練習でいつも使うといううようなものではないと思います。僕の中では、試合や試合前の調整などで履くイメージです。

…ついでに「クッション性が低いからけがを防ぐため」という上の理由以外に、現実的な理由としてこのタイプのものは軽くて薄いために耐久性が低く、しかも良いヤツはめっちゃ高いからという理由もありますね笑

まとめると、

  • 良い点…軽いのでレースで良いタイムが狙いやすい
  • 悪い点…けがをしやすく、シューズの耐久性も低い
  • 総合…上級者向けかつ本番のレース向け

という感じでしょうか!

2、クッション系

このクッション系も名前の通りですが、特徴としては「クッション性が高い」ということになります。

ちなみに見た目の特徴は、靴底が厚くがっしりした感じのものが多いことです。

これはタイプとしては、ほぼレース系のものとは真逆で、クッション性を高めるために軽さを犠牲にしています。

クッション性が高まっているので、もちろんけがはレース用と比べかなりしにくいです。なので、軽いアップやジョギングなどに向いているといえます。

「重いと走りにくそう」と思われるかもしれませんが、実は重くなっているのはクッション性を高めるためだけではないんです!

実はこのタイプのシューズの多くには、安定感を増すためのパーツであったり、反発力を生むためのパーツが入っていて、そのためにも少し重くなっているんです。

なので重くても、特に「走りなれていなくてフォームが安定しない!」、「まだ筋力が強くなく靴のサポートもほしい!」という方にはかえって使いやすいシューズといえます!

なので初心者の方が初めて買う場合や、アップに使う場合、またとりあえずマラソンを完走したいという場合におすすめです。

まとめると

  • 良い点…けがをしにくく、走りも安定しやすい
  • 悪い点…少し重いのでタイムは狙いにくい
  • 総合…初心の方、アップに使う場合などにおすすめ

という感じです!

3、トレーニングシューズ

最後に紹介するこのタイプは、丁度これまで紹介してきたレース系とクッション系の中間くらいのイメージです。

つまりある程度クッション性があり、そこまで重くないという感じです。

見た目もクッション系と比べるとシュッとしてて、かといってレース系ほど薄くはない感じです笑

どっちつかずで微妙かというとそういうわけでもなく、良い感じでバランスがとれているタイプです。

もちろん軽い分クッション系と比べれば衝撃は足にきますが、ある程度走りなれてフォームが安定したり、筋力がついてくれば特に問題ないくらいのクッション性能はあります。

逆にレース用と比べれば少し重いので、慣れている人が本気でタイムを狙いにいくなら向かないのかもしれませんが、練習で使ったり、「ある程度走りなれてきたかな」というくらいの人がマラソンなどで使うのにはおすすめのタイプです!

ちなみに僕は短距離系の種目をやっていますが、スパイクを履くまでのアップやスパイクを履かない練習には、このタイプのものを使っています。

ほかのタイプのものも使ったことがありますが、自分の場合このタイプがアップで使ったり練習で使うには良い感じかなといった感じです。

また「ある程度走りなれてきたらマラソンでおすすめ!」と書きましたが、普段走っていても長距離を走っていないので、僕がもしマラソンで使うならその時も「このタイプを使うかな?」といった感じですね!

まとめると

  • 良い点…バランスが取れていて使いやすい
  • 悪い点…悪く言えば中途半端
  • 総合…少し慣れてきた人、アップなどで使う人におすすめ

といった感じです!

まとめ!

どうだったでしょうか!

シューズは走るうえでとても重要で最初にも書いた通り、けがを防いだり記録を上げたりするのに大きく役立ちます。

なので特に、走り始めようとしている方だと「見た目がかっこいいのにする!」とか「とりあえず高いの選んどけば大丈夫だろ!」という方、また普通に「どれを選んだら良いかわからない!」という方も多いかと思いまとめてみました。

ちなみにランニングシューズの選び方についてのほうにシューズの選び方が書いてあるのでよければそちらも参考にしてみてください。

とりあえず大きなタイプ分けとしてはこんな感じですので、自分に合ったシューズ選びに役立ててもらえると嬉しいです!

スポンサーリンク

フォローする