正しい姿勢の重要性と身に着け方について!

スポンサーリンク

「速く走りたいけどなかなか早くならない」と思っている方の原因は、ひとそれぞれでいろんな理由がありますが、姿勢が悪いためにうまく体を使えず早く走れてないという方も多いです。

ちなみに自分では姿勢が悪くて速く走れていない、ということにはなかなか気づけないので速く走れず悩んでいる方は良ければ目を通してみてください!

ではいきます!

【姿勢が正しいかのチェック】

まず、そもそも自分の姿勢が正しいかのチェックから行きましょう!

元から姿勢が正しければ、注意することはあまりないですからね!笑

簡単なチェック方法としては、壁だったり床だったりといった平らなものに背中全面(頭や足を含む)をくっつけるようにします。

このとき腰や膝裏などが離れてしまっていると正しい姿勢ではなくなっているということです。(完全にべったりつかなくでも大丈夫ですが…)

なのでこれをやってみて、大きく隙間が空いてしまうようなら姿勢の改善を考えた方が良いと思います!

逆にこれでほとんど隙間がないのなら普段からまっすぐ正しい姿勢でいるということなので、後は走った時に手足の動きに振り回されずに、頭から腰までこの姿勢が保てていればオッケーです!

これも、自分では走っている時も体がブレていないか確かめることは難しいので、誰かある程度陸上のことを知っている人に見てもらうか、カメラで撮ってもらって自分で実際に見てみるようにすると良いと思います!

走ると姿勢が崩れてしまっているようならそれを治すためには、徐々に動きのスピードを上げていく方法が良いと思います。

具体的には最初にきれいな歩き方を身につけて、速足、ジョグ、軽めのダッシュ、本気のダッシュといった感じで少しづつ進めていく感じです。

きれいに歩くというくらい基礎の動きでも、部活前のドリル(準備運動的なもの)でやっている人も多いですし、ばかにできません。(ちなみに僕もやっています)

なので基本中の基本である歩くという動作からでも、確実に感覚をつかんでいくことをおすすめします!

また正しい姿勢を保つためには、体幹も重要です。

以前体幹の鍛え方についての方で体幹の鍛え方もまとめてみたので、良ければこっちも見てみてください!

【正しい姿勢にするために!】

では、主にさっきのチェックで正しい姿勢か怪しい方向けに、姿勢を治す方法について書いていきます。

といっても今回の方法はかなりシンプルです。

純粋にさっきと同じように、床や壁のような平らな面に背中や頭、足など体の背面すべてをくっつけるようにして、その感覚を身につけて何もないところで立ってみるんです。

もちろん、さっきのチェックの時と同じように壁や床と体の間に大きく隙間が空いた状態の感覚を覚えても意味ないですよね。笑

なのでできるだけ壁や床と体の間に隙間ができないようにして、その感覚を覚えてみてください!

で、自然に立っていてもこの姿勢になるように日ごろから意識していきましょう!(どんな感覚か忘れちゃったら、またやってみて感覚を思い出してください!)

これができたらあとはさっきのチェックで引っかからなかった人と同じとこまで来ているので、走ってもその姿勢が崩れないようにするだけです!

ただ特に姿勢を治したばかりだといきなり走ってもなかなかきれいな姿勢のまま走るのは難しいと思うので、こちらも正しい姿勢で走れるようになるためには、さっき書いた徐々に動きのスピードを上げていく方法がおすすめです!

まとめ!

どうだったでしょうか!

今回は割と簡単に姿勢についての話をまとめてみました。

正しい姿勢は陸上未経験の方からある程度の経験者まで、いろんな層で身につけられていない人がいますし、改善されればどちらの場合でも記録の向上につながります。(あとフォームもかっこよくなります!笑)

また正しい姿勢で過ごしていれば、日常生活でもある程度全身の筋肉を使うことになるのでちょっとした筋トレにもなりますし、練習中で言えば変に負荷が集中しなくなるので、けがをしにくくなるといったメリットもあります!

こんな感じで姿勢を治すだけでもいろいろメリットは多いので、ぜひこの記事も参考にして、正しい姿勢を身につけてみてください!

スポンサーリンク

フォローする