自分が向いている種目の見分け方【陸上競技】

スポンサーリンク

これから陸上を始めていく方は、ある程度やりたいものが決まっている場合は良いかもしれませんが、自分ができるだけ良い結果を出せる種目を選びたいという方も多いと思います。

そこで、今回はどんな種目が自分に合っている可能性が高いのかということについて、自分なりに思う見分け方を書いていきたいと思います。

個人的な考えが多いですし、もちろん必ずあたるわけではないですが…

まあ参考にはなると思うので、そのくらいの気持ちで見てみてください!

1、身長の面から考える

まずは、身長的な面からです。

身長的な面ではトラック種目(走る種目)、跳躍種目(跳ぶ種目)においては、そこまで身長の影響は大きくないとされています。

ボルトのように長身で速い選手はいますが、ボルトが出てくる前は、あそこまで大きいと「スタートなどの面で不利」とされていましたし、小柄でも速い選手は多いです。

これは長距離でもほぼ同じで、身長が大きくても小さくても、全体を通してみるとそこまでの影響はないと思います。

ただ、投擲系(やり投げ、砲丸投げのような投げる種目)では身長が高い方が有利とされているようです。

これはおそらく、手足が長い方が投げるときに、大きな遠心力を得やすいからだと思います。

なので、まず身長的な面からの適正で言えば、投擲系種目をやろうと考えている方以外はそこまで気にすることはないかと思います。

2、体格の面から考える

次に体格(筋肉量的な方)の面からですが、まず細身で筋肉が少ない、つきにくい方はどちらかというと、長距離のほうが向いているといえます。

長距離は、無駄な筋肉はかえってない方がいろいろとメリットが多いですし、瞬発力系の筋肉は基本的に必要でないので、細身の選手が多いです。

また、長距離に必要な持久系の筋肉(赤筋)は、トレーニングで増やすことができるので、今筋肉が少ない人でも努力次第で記録を上げていきやすいかと思います。

逆にある程度筋肉質、かつ締まっている感じの体の方は短距離、跳躍系種目が向いていると思います。

これらの種目は瞬発力系の筋肉(白筋)が必要で、ざっくり言うとこれらの筋肉は生まれつき増えにくい人や割合が低い人では、なかなか増やしていけません…

筋肉の種類【赤筋・白筋】ついて

なので、ある程度元から筋肉質な方のほうが、向いているといえます。

そしてさらに筋肉質、あるいは筋肉量がある方は、もちろん投擲種目がおすすめです。

投擲種目では、自分の体重はむしろ重い方が良い場合も多いので、とにかく筋肉が多い、パワーに自信があるという方は、向いているといえると思います。

それぞれ、どの程度の体格が適しているかについては、一度、一流選手がどんな体格なのかを見てみると、わかりやすいと思います。

最初から一流の選手たちのように、仕上がった体になっている訳はないと思いますが、ある程度どの体格に今の自分が近いかわかると思うので、参考にしてみてください!

3、これまでやってきたスポーツ

次に、これまで経験してきたスポーツから考える方法です。

これは「元〇〇部でその後陸上部になった」という周りの人で、記録が良い人などを参考にして考えているので、たまたまその人が速かったということもあると思いますが参考程度にしてみてください。

まず、短距離に向いているものですが、これは野球のような短い距離を速く走る必要があるものをやっていた人が向いていると思います。

また、自分の周りで元々剣道をやっていた人が2人いましたが、2人とも最初から速かったです。この二人がたまたま速かった可能性も高いですが、瞬発系のスポーツなので、これも関係していたかもしれないですね!

次に中長距離に向いているものですが、サッカーや水泳といったものが向いていると思います。

サッカーは長い時間走っていますし、水泳は心肺機能が高くなりますからね!

実際こういったスポーツをやっていて、中長距離を始めた知り合いは多く、好成績を出している人も多いです。

跳躍種目はそのままで、バスケやバレーなどのジャンプする動作のあるものをやっていた人が向いていると思います。

世界レベルでもバスケ選手から転身してきた人もいますし、自分の周りにも元バスケ部で強い人がいます。

最後に投擲種目は、少し特殊なので難しいですが、自分の周りでみると元野球部の人が多いですね。やはり肩回りに筋肉がついているので、投擲に向いているのだと思います。

こういった感じで、元々やっていたスポーツごとにある程度向いているものがあるとは思うので、参考にしてみてください。

まとめ!

どうだったでしょうか!

最初にも書いた通り、自分の考えも多く含んだものだったので、必ず当たるわけでは決してないですし、実際自分の周りにも当てはまらない人もいます。

たとえば、友人の一人はかなり細い見た目をしていて、正直筋肉質とは程遠いですが、短距離が専門で普通に速いです。笑

また、そもそもこんなことを書いている僕自身も、「だいぶ細身で水泳経験者」という、この記事的には完全に長距離寄りのタイプですが、短距離などの瞬発系が専門ですし…笑

ただ割りとこういった人は少数派だと思うので、やりたいものが決まらない場合は適当に選ぶよりは、参考にしてもらうと結果が出る可能性が高くなるとは思います。(やりたいものが決まっていれば、それをやるのでかまわないと思います!)

ほとんどの人はスポーツをやっていくのであれば、自分が向いているもの、良い成績を出しやすいものをやりたいと思うので、よければ少し参考にしてみてください!

スポンサーリンク

フォローする