体幹の重要性について

スポンサーリンク

今回は、陸上においての体幹の重要性についてです。

まず、「体幹とは何か?」という話ですが、体幹とは胴体部分の筋肉のことで、文字通り「体の幹」となる部分です。

この部分の筋肉を鍛えていくことは、多くのスポーツで重要で、もちろん陸上でも大事な部分です。

そこで、具体的な体幹を鍛えるメリットや必要性について、まとめてみました!

1、体がぶれない

自分はこれが一番大きな効果だと思いますが、体幹を鍛えることで体がぶれなくなります。

感覚としては、体の中心に一本芯が通ったようになるイメージです。

こうなることで、効率よく走るためにいろいろな良い影響が出てきます。

まず短距離などの瞬発系の種目であれば、体の軸がしっかりすることで力を無駄なく伝えることができるようになるので、パフォーマンスが向上し、それまでより速く、力強い動きができます。

長距離などの持久系のスポーツなら、意識せずとも体がぶれなくなるので、余計な体力を使わずに走ることができます。持久系の種目では同じ動きを繰り返すので、こういった細かい体力の節約が重要になります。

前回、長距離での体幹の大切さについても書いたので、よかったらこちらもどうぞ ・長距離走のコツ【初心者向け】

どちらのタイプの種目でも、体がぶれないということは良い記録を出していく上で重要なので、体幹についてはどの種目をやるにしろ大事な部分になります!

2、フォームが安定する

次に、体幹を鍛えるとフォームが安定するというメリットがあります。

フォームが安定するというのは、1、と同じような意味合い以外に、「毎回同じように走ることができる」というような意味合いもあります。

毎回同じように走ることができると、どんなメリットがあるかというと…

まず、毎回同じようなフォームで走ることができると、記録が安定してきます

フォームが安定していないと、毎回毎回走りが変わっているわけなので、タイムが悪い方にばらつき始めます…

逆に体幹を鍛えフォームが安定してくれば、軸のある走りを毎回安定してできるようになるので、自分の中の良いタイムで安定してきます!

毎回どんなタイムになるか心配しなくて済みますし、良い方でタイムが安定するならもちろんした方が良いですよね!

次にフォームが安定していれば「そのうえでもしタイムが変化したとき、なんの影響で変化したのかがわかる」というものがあります。

つまり、自分の動きかたとしては安定しているはずなので、いつもと違う何かの影響でタイムが変わっているということになりますよね。

これは例えば、アップの仕方であったり、前日までの調整であったり、体調であったり…といった部分です。

気温や風などは直接自分でどうにかはできないですが、こういった部分は自分でかなりの部分をコントロールできます。

なのでこれらの面で、「どうすることで、どんな結果になるか」ということがわかるというのは大事なことなんです。

…こんな風に、フォームが安定するとメリットが多いです!

3、正しい姿勢が身につく

体幹を鍛えるメリットとして、正しい姿勢が身につくというものもあります。

「フォームがぶれない、安定する」といった話をここまでしてきましたが、これはもちろん普通の生活でも同じように役立ちます。

背筋の通ったきれいな姿勢が身につきますし、体がぶれなければ、関節などへの負担も減るので、けがもしにくくなります。

そのほかにも、体幹を鍛えていないとからだのゆがみが起こりやすいので、例えば腰痛のような症状がでることにもつながります。

逆に言えば、体幹を鍛えることで、腰痛などの体のゆがみが影響となりえる悩みがある方は、症状が良くなるということも期待できます。

また、もちろん陸上をやっていくうえでも、そもそもきれいな立ち方、歩き方ができていなければ、きれいな走りはまずできないので、普段からきれいな姿勢を身につける必要もあります!

まとめ!

どうだったでしょうか!

今回は陸上に関係ありそうな体幹の重要性を中心に考えてみました。

体幹はここまで書いてきた通り鍛えることで、きれいで効率の良いフォームを身に着けられたり、記録が安定させられたり、けがも防げたりといろいろな効果が期待できる部分です。

それに見た目的な面でも、ふらふらしながら走っているより、ブレずにビシッと走ってる方がカッコ良いですよね!笑

体幹系の筋肉は、最近は少し注目されていると思いますが、それでもほかの筋肉と比べると、重要視している人が少ないような気もするので、そんな方はこの機会に体幹にも注目してみてください!

スポンサーリンク

フォローする