短距離(100m)を速く走るコツについて【まとめ】

スポンサーリンク

前回までで100mを走るコツについてまとめてみましたが、なかなかすべていきなりやるというのは難しいですし、文章量もなかなか多いものになってしまったので、そもそも読む気がしないという方もいるかと思います。笑

そこで、今回は全体を通して、効果の大きそうなポイントをまとめてみました!

1、スタート

スタートは、速く、力いっぱいバタバタと音が鳴るようなやり方でやっていても、あまり効果がありません。

スタート直後の、まだスピードに乗れていないときには、少しゆっくり目に、ぐいぐい地面を押すようにスタートした方が、少ない力で早くスピードに乗ることができます。

自分が正しく、地面を押すようなスタートができているかは、自分のスタートの足音を聞くことで、ある程度わかります。

バタバタ音のしないスタートができていれば、良いスタートができている可能性大です!

2、前傾姿勢

スタートしてすぐに、完全に前を向いてしまう人が特に陸上をしていない方、初心者の方にはよく見られますが、これもよくないです。

体を前に傾け、顔が下を向くような前傾姿勢でスタートしてから、しばらくキープした方が、効率よく加速できます。

前傾を続ける距離の目安としては、30mくらいまで続けるのが理想です。

ちゃんとした前傾姿勢を30mキープするのはなかなか難しいので、体が浮いてきてしまう人は視線を足元くらいまで下げてみても良いかもしれません。

また30mまで前傾を続けられなかったとしても、これを意識しているのといないのとでは、かなり差が出てくると思うので、すぐに顔を上げてしまわないように意識してみましょう!

また30mまできたからといって、すぐに顔を上げてしまうのではなく、少しずつ目線を上げるようにして前傾を緩めていくようにしましょう。

3、無駄に力を入れない

1、2、での項目もこれと共通する部分があるのですが、100mであっても無駄な力を入れなくてもスピードが出せる部分では、無駄に力を入れずに走った方が良いです。

理由としては、100mという短い距離であっても100m通して、全力のまま走り切るのは不可能だからです。(たとえボルトであってもです)

なので、できる限り省エネな走りを心がけましょう!

特にこの省エネな走りが重要になってくるのは、100mの後半部分です。

この部分では、基本的に加速することはもうできない部分なので、無理にスピードを上げようとせず、膝や足首を固定し地面の反発を受け、スピードを落とさないようにすることを意識しましょう。

慣れてくれば、このやり方のほうが、無理に加速しようとしていた場合と比べ、だいぶ速くなるはずです。

まとめ!

全体的に短めにまとめてみました。

これがなんとなくできるようになってきたり、興味を持ってもう少し詳しく知りたいと思ったら、以下にもう少し詳しく書いたものがあるので、よかったらそちらも見てみてください!

短距離を速く走るコツについて【スタートダッシュ編】

短距離(100m)を速く走るコツについて【一次加速編】

短距離(100m)を速く走るコツについて【二次加速編】

短距離(100m)を速く走るコツについて【速度維持編】

スポンサーリンク

フォローする